勃起に効くタンパク質は、アルギニンとシトルリンです

筋トレ

セックスをする機会のない非モテの我々には知る必要がない情報であるかのように思われるが、地震とセックスはいつ来るかわからないといわれている。

備えよ、常にである。

いざという時に勃たなかったりしたら、チャンスをふいにしてしまうことになる。

そういうことがないように、いつでもしっかりと硬さを維持できるように定常的に摂取すべき栄養素として、アルギニンとシトルリンがある。

なぜ勃起に効くのか

バイアグラは勃起を維持する薬 その仕組みと気をつけることについて | 英メンズクリニック| 男性不妊治療専門クリニック
英メンズクリニック|バイアグラは勃起を維持する薬 その効果と気を付けることについて

そもそもの原理として、勃起というのは陰茎の内部組織である海綿体に脳からの指示で血液が集まってきて、海綿体が充血することによって大きく・硬く変化する。

つまり勃起を支えているのがこの、十分な血流なのである。

若いころは、血管も柔軟で血流も十分であるため、魅力的な大きさ・硬さになる。
ただし、年を取ってくると血流が不十分となり満足のいく硬さになりにくいのだ。

アルギニン・シトルリンは血流を改善する

アルギニン・シトルリンはアミノ酸の一種であるが、代謝の過程で一酸化窒素(NO)が生成される。
この、一酸化窒素(NO)というのは動脈硬化を改善する効果があるといわれており、血管を柔軟にする効果があるという。

そして、血管を広げるため血流が良くなるのである。
全身の血流が良くなるということはつまり、陰茎への血流も増えることになる。
その結果、満足のいく勃起が手に入るのだ。

この一酸化窒素という物質は、狭心症の治療薬として使用されているニトログリセリンの摂取によっても生成されるものであり、その効果の信頼性がうかがえる。



なぜ、定常的に摂取する必要があるのか

ところで、薬というのはあえてゆっくりと体に作用するようにできている。
というのも急激な作用をもたらすものは、特定の症状を緩和しても、他の悪い症状が同時に出てきてしまう危険をはらんでいるためだ。

薬とはいえ、急激な効果があるものは毒物として指定されている
そう、即効薬は毒なのである。

アルギニン・シトルリンは薬ではない。ただのたんぱく質の一種である。
たまたま血管を拡張する物質を代謝する、と言うだけのことである。

1日に摂取できる量で現れる効果というものはそれほど大きくない。
だが、これを継続していけば効果が積み重なっていき、予想以上の結果をもたらしてくれる。

だから摂取し続けることが必要なのである。

どれを買えばいいのか

created by Rinker
Mr.GINO(ミスタージーノ)
¥1,780 (2022/11/30 23:56:54時点 Amazon調べ-詳細)

私が常用しているのは、これである。
1日6粒で30日分あるので、月1回配送のアマゾン定期便にしている。

これは値段と栄養素の量が一番マッチしている、コスパの良い商品であると感じたので使い続けている。

ただ、カプセル錠なのでめちゃくちゃ飲みづらい。
慣れたので、3粒一気にとかできるものの慣れないうちは1粒ずつ飲むので、飲み込むための水でお腹がタプタプになってしまう。

それが気になる人は以前飲んでいたこれをお勧めしたい。

ソルエナジーよりは効いた感じはしなかったものの、いざ勃起してみると感覚が違ったので効果はあるとということであろう。

錠剤で粒も大きくないので飲みやすい
コスパも悪くない。

コスパを考えないのであれば、個々の栄養が別で入ったものを買うのが効果としてはとても良い。

created by Rinker
NOW Foods
¥3,699 (2022/11/30 23:56:55時点 Amazon調べ-詳細)

結論

今現在セックスの予定がなくても、備えている必要がある。
ただ待っているだけではもちろんだめだが、それでも何もやらないよりはましである。

あと、これらのサプリを飲むとしっかり朝立ちしてくれるので無駄にムラムラする毎日を送ることになる。
オナ禁がつらくなる
のだ。

それを一刻も早く抜けだそうという気持ちが生まれるという意味でもこれらのサプリを摂取するのはいいのかもしれない。

おはり



コメント

タイトルとURLをコピーしました