ゴムの使用感レビュー!どれもそんなに変わらん!(随時追記)

講義

ゴムと言えばサガミオリジナルを思い浮かべる人が多いであろう。
0.01mmのやつは、現在なら小学生でも知っている子がいるくらいである。

created by Rinker
サガミオリジナル
¥2,959 (2022/11/30 22:00:03時点 Amazon調べ-詳細)

0.01mmだと値段がかなり上がるので、廉価版の0.02mmを使用している人が多いであろうとも予想している。

他にもオカモトゼロツーとか、色々とあるが
どれを選べばいいの?
値段の差は何?
薄いほうがいいの?

疑問は尽きない。

結論を言うと、どれを買ってもそんなに変わらない
というより、「生でしている感」はゴムの薄さよりも、「息子」の周りの長さ(≒太さ)とゴムの直径があっているかのほうが重要な要素である。

どれだけ薄くても、装着感がいまいちであると生感

ただ、微妙な差はあるので、装着感などについてレビューをしていく。
使用したことがあるもののみ掲載しているので、ぜひ参考になればいいと思う。

①サガミオリジナル 001

created by Rinker
サガミオリジナル
¥2,959 (2022/11/30 22:00:03時点 Amazon調べ-詳細)

一番有名であると思われるコンドーム。
誰しもが一度は使用したことがあると思うので、これを基準に評価をしていくこととする。

ゴム、と俗称では言われているものの001の薄さのものはポリウレタン製である。

通常使用されている天然ゴムラテックスは安く作れるものの、独特なゴム臭があり嫌だという人もいるらしい。
確かに、事後はずす段では手にゴムの匂いが付くというのはわかる。

基準にするとは言いつつも、この商品だけが容器が特殊でカップ型になっている。
男性側、女性側もわかりやすい。

装着感としては、私の勃起時の直径が33mm程度であるため、多少のごわごわ感があった。
そのため、薄さの恩恵をあまり享受できず。
004のものと挿入時の感覚は変わらなかった。

②オカモトゼロワン

created by Rinker
オカモトコンドームズ
¥2,085 (2022/11/30 22:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

サガミオリジナルと双璧を成す、オカモトのコンドーム。
その中でも一番薄い商品である、オカモトゼロワン。

原料はサガミと同じく、ポリウレタン製。
匂いがほとんどなく、行為後に嫌な気分にならない。

装着感は、サガミよりも良い!
こちらの方が細い人向けであるようで、しっかりとジャストフィットした。

男女の側もわかりやすい。
値段が張るのがいただけないが、この薄さならこのくらいの値段でないと不安になるというのもある。

③デュレックス スタンダード

有名なのはサガミではあるが、世界で一番売れているのはこのデュレックスであるといううわさもある。

まずもって、とにかく安い
ラテックス製だからであろうが、有名な薬局に売っているようなものを購入していた私は、安さに驚いてしまった。

薄さとしては、記載はないもののおそらく004であると思われる。

太さについてであるが、オカモトと同様、しっかりとフィットする感覚があった。
そして、サガミとの一番の違いは潤滑剤の多さである。

しっかりたっぷりと塗布されており、装着時に手につくのが少々不快になるほどである。
ゴムの匂いとしてはラテックスにしてはだいぶ抑えられている。

手軽にたくさん手に入るので、スタメンである。

④ZONE コンドーム

created by Rinker
ジェクス
¥784 (2022/11/30 22:00:05時点 Amazon調べ-詳細)

ゴム感が消える?
というキャッチフレーズに惹かれて思わず購入してしまった一品。

薄さによって生感を得る、というアプローチではなく、熱交換を素早く行うことによって温かく包まれている感覚を持たせる、というコンセプトで製作されている。

その説明書きの通り、中の温かさを素早く実感することはできた。
しかしながら、つけているものはつけているのでその違和感がなくなることはない。

厚さとしてはおそらく004程度。
フィット感としては若干緩いかな、という程度。
明確なごわごわ感はなかったものの、多少の違和感はあった。

それもそのはず、説明書きを読んでみると「締め付け感を減らし、つけている感覚がなくなる」という手法も使われているようだった。

それほど良い感覚でもなかったため、リピートは無しかな。

⑤オカモト スーパーゴクアツ

created by Rinker
オカモト
¥700 (2022/11/30 22:00:06時点 Amazon調べ-詳細)

早漏をどうにか改善したい、という気持ちで購入した一品。
厚さが012と通常の商品の3倍という。

ものすごい厚さである。
ポーチにしまっているときも他のゴムよりも幅をとって邪魔だった。

装着感はいまいち。
ゴムを厚くしているせいか、フィット感を犠牲にしている
女性の側からしても、異物感があったらしい。

厚さのおかげなのか、フィット感がなかったからなのかはわからないが、確かに射精までの時間は伸びた。
ただし、感覚がなかったからではなく、違和感で集中できなかったという方が大きいかもしれない。

これを付けるくらいならば、プレイ回数を増やして経験を積んで慣らしていったほうが良い気がする。

⑥グラマラスバタフライ

見た目が毒々しいコンドーム。
薬局によく売ってはいるものの、この見た目であるため手を出したことがなかった。

相手が持っていたため、試しに使ってみた。

装着感としてはかなりフィットする感覚
締め付け感はなく、ちょうどいい。

薄さは004くらいだと思われる。

男性側はわからないのだが、温感ゼリーが先端に塗布されているため、挿入時の女性側の感覚が良いらしい。
他のゴムよりもスッと入っていくし、温感ゼリーによって感度も多少良くなる。

何よりも、安い!
12個入りで400円は破格である。

ただし、その分ゴム臭は高いものに比べるときつい。
何に重点を置くかで継続購入かどうかが決まるだろう。

個人的にはポーチに入れておいてもよいかなと思っている。

⑦オカモトゼロツー リアルフィット

精子だまりがないタイプのコンドーム。
先端が亀頭の形になっているため、挿入時のフィット感がものすごい気がする。

厚さは記述の通り、002である。
装着感としては001と変わらないくらいにはいい。

何よりも、挿入したときの中での感覚がいい気がしている。
一番、生感があったのはひょっとしたらこれかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました